==========================================================================================================

 

  『日本文化構造学』のすゝめ ・・・  世界に伝える 自然調和な日本文化  その構造とは?

==========================================================================================================

 

縄文時代~近代 考古学・記紀古典・神道仏教儒教・文学を通観、「日本文化の原理」を構築した。  日本語の文字体系、天皇、神仏習合、もののあわれ、無常、禅、わび・さび、義理と人情、意気 などが  なぜ発祥したのか? 

その理由を説明できる本構造で、日本文化の全容を総括し、世界に伝えたい。

 

My Proposals to Professor Emeritus about

” Culture of Japan "Treatise of Japanese culture ” Principle & Origin of Japanese culture " 「日本文化論」「 日本文化の原理と源流 」  

External site for related reference    Link to   https://en.wikipedia.org/wiki/Culture_of_Japan

 

古代から近代へ、考古学、記紀古典、歴史、神仏儒信仰や、哲学思想をもとに、日本文化を総括。現代と未来のため源流を探り、「日本文化構造学」によって、その原理を構築した。聖徳太子、役小角、道昭、義淵、行基、最澄、空海、良源、円仁、円珍、空也、法然、親鸞、栄西、道元、一遍から林羅山、石田梅岩、吉田松陰へ 林屋辰三郎、上田正昭、村井康彦、梅原猛、石田一良、中西進、和辻哲郎、鈴木大拙、樋口隆康、折口信夫、森浩一、家永三郎、司馬遼太郎など諸先生たちや研究機関の文献・論文拝読、面談から 総合的理論を

構築した。 DTPによる諸所研究発表 と 執筆受託  講座開催  現在、日英文で出販企画中 ( 「京都検定」 解説・校閲 受託継続中 ) 

 

主たる 論文上呈先 :京都教授研究会 「知恵の会」に 加え、以下の諸先生方々に 継続中

社寺 宮司・住職 責任者、キーンドナルド先生、西尾幹二先生、上野誠先生、京都所在 大学学長、京都府市、NHK、新聞社、

出版社社長、文化芸術工芸師・茶道家・書家・華道家方々より  ご意見しております。

本サイトでは、論文全容は公開していませんが、以下に掲載している個別資料に、図説 構造 的 「日本文化論」 を 活用しています。

 ----------------------------------------------------------------------------------

 2014年より、京都新聞出版社様 より 執筆・校閲  受託 継続中          寺院様    文化信仰  並びに 歴史価値     解説 受託 継続中 

----------------------------------------------------------------------------------

京都 教授研究会 「知恵の会」 での 発表論集

日本の「和のこころ」について、古代から近代へ歴史に沿って編集した。

オリジナルの「日本文化構造論」により、理論一貫した総合論となっている。

 

はたして、「和のこころ」とは? 我々、日本人の理解は十分であろうか?

それは、「異なるものの習合であり、均衡であり、葛藤のこころ」である。

例えば、日本語の文字、天皇尊厳、神仏習合、もののあわれ、無常、禅、わび・さび、 義理と人情、意気など、それらはすべて異なるものによる構造によって、生みだされた 文化であり、精神性である。

 

( 「知恵の会」 での 各テーマの発表論 は、以下に掲載 )

ダウンロード
「知恵の会」発表論集 201610.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 9.8 MB

----------------------------------------------------------------------------------

当論は、信頼性確保のため 以下辞典辞書データべースを活用しております。

また、受託している「執筆」「史実確認・校閲業務」にも活用しております。

『国史大辞典』『歴史地名体系』『新編 日本古典文学全集』

『日本大百科全書』など 

英語版は『Encyclopedia of Japan』その他  文化・仏教など専門英文解説

データベース名「ジャパンナレッジ」 運営會社:株式会社ネットアドバンス 

----------------------------------------------------------------------------------

京都観光のWEBSITE「 KYOTO DESIGN 」に レポート掲載

京都ご縁のカメラマン様とコラボ取材しました。

「建仁寺の四頭茶礼」「ジャポニズム展」、周辺のカフェなども紹介

左の写真 クリック!

http://kyoto-design.jp/user/56?view=repo

「 KYOTO DESIGN 」では、特別拝観やイベント行事、桜開花や紅葉などの情報。フォトコンテスト、歴史・文化などの特集もされています。 京都に出かける前に、チェックしたら楽しい!

 

In the "meeting of Wisdom" study group chaired professor emeritus of Kyoto University of Education "Dr. MithiHiro Itoi", is the content of my presentation about Kyoto.

Please download the file below this,   Let's Press the "ダウンロード"

These PDF files are notation in Japanese, you'll be able to challenge the translation.
When you are confident create, please feedback to me.   I would like to introduce on this website. 

We will continue, this file is the program from time to time, we will enhance.

 

京都教育大学名誉教授「糸井通浩先生」主宰の研究グループ「知恵の会」での、 当方京都こだわり 発表内容です。  

各分野ご専門の教授が多く参加。会で決められた「共通キーワード」に、各自が思案・創作。約2ヶ月後に発表するサイクルです。

成果は「京都学」シリーズで出版。 上のロゴクリックで研究会サイトヘ 皆様の発表記録が掲載されています。

当方は意識して大局に「 京都の歴史・文化 」を捉える視点とし、2012年夏から発表 継続中 です。   

以下掲載、各資料の先頭4ページが 発表配布用、5ページ以降は、このサイト限定 特別添付

 

主宰教授 方々については、以下ご参照。

・吉田金彦先生 

     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%87%91%E5%BD%A6

・糸井通浩先生

     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E4%BA%95%E9%80%9A%E6%B5%A9

・小寺 慶昭先生

 (参考) http://www.maimai-kyoto.jp/guides/kodera/

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

著書・論文拝読し、御厚情いただいている方々はこちら 大局互性、公明正大 なる 方々です。

日本、京都文化信仰研究者 京都大学系の重鎮、佛教大学の著名人です。是非、著書入手いただき御一読下さい。

上田正昭先生     (故人)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0%E6%AD%A3%E6%98%AD

村井康彦先生

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%BA%95%E5%BA%B7%E5%BD%A6

井上満朗先生

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E6%BA%80%E9%83%8E

八木透先生

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E9%80%8F

----------------------------------------------------------------------------------

【 一般的 常識 及び 慣習 への 配慮 サイトポリシー 】

不特定閲覧  公開のため、引用文献名・論文名は  掲載しておりません。

当WEBサイト上の文書・写真・イラスト・ソフトウエアなどは、当方ならびに第三者が有する著作権、特許権、商標権

その他の権利により保護されています。    当WEBサイト上にあるコンテンツの無断転用・無断転載をお断りいたします。

本資料へのご質問・引用などは、「問合わせ」ページをご利用いただき、当サイト宛にメール送信を  お願いしております。

----------------------------------------------------------------------------------


研究発表事例 2013年12月5日

2013年から参加しております 京都観光・文化を考える会「都草」での発表です。

以下HPの後半に掲載。   内容は右の「発表骨子」を御覧ください。

http://www.miyakogusa.com/activity/happyo/371/

ダウンロード
発表骨子.xls
Microsoft Excelシート 127.5 KB

Please see the articles, while listening to  "YouTube"  The listed below.

May be a Exhilaration your mood

下に掲載しているユーチューブを聞きながらでも、資料をご覧ください。

16. Cantata BWV 147 "Jesu Joy of Mans Desiring" ( 1:10:07 )



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ダウンロード」ボタンを押し、「保存」してから、「ファイルを開く」をクリックしてください

各資料の先頭4ページが 発表配布用、5ページ以降は、このサイト限定 特別添付

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

京都教授研究「知恵の会」 当方 京都こだわりの発表・・・ 日本文化を  構造で楽しむ 「文化構造学」研究会主宰・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ダウンロード
2017年 3月19日課題「み 実・身」
古事記に表現された 実と身。 
隠身と物実、さらにマナイズムと
アニミズムを探る
実・身(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.0 MB
ダウンロード
2017年 5月28日課題「はやりうた」
はやることの背景から、日本史に描かれていない「神話時代の古字」
「古代民衆の識字」を探る
はやりうた歌 (発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.0 MB

!!!!!!!!!!!!! 

次回の課題 「はやりうた」

みんなも 考えて 参加しよう 

 2017年  5月28日(日) 

場所:龍谷大学 大宮学舎

時間:13 : 30~18:00頃  

     300円で自由参加 

!!!!!!!!!!!!!

 


ダウンロード
2016年 9月25日課題「木・樹」
古事記・日本書紀の神話の樹
仏教涅槃図 沙羅双樹の表現を考察
樹(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.5 MB
ダウンロード
2016年11月20日課題「風呂敷」
「風呂敷」から、日本の「包む」「贈る」
文化を抽出し、その構造を解明する
風呂敷(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB

ダウンロード
2016年 5月29日 課題 「旅」
自由な旅の原点 
熊野信仰の本質とは?
古事記、考古学から考える
「日本のこころ」の源流
旅(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.7 MB
ダウンロード
2016年 7月31日 課題 「履」
「履」の 心 とは?
「くつ」を表す漢字用法から、
日本文化を探る。
靴・沓(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

ダウンロード
2016年 2月7日  課題 「酢」
日本食文化において、調味料「酢」の成立過程や、
用途から、その意義を探る。
「塩」「醤」と、「米」「酒」のふたつの基軸と、「酢」の関係
「酢」から「鮨」へ繋がる、食材と調味料の習合文化
酢(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 746.5 KB
ダウンロード
2016年 4月10日 課題 「鮨」
「寿司」の文化的構造を踏まえ、「上方寿司・江戸前寿司と東西日本文化」、「江戸っ子と江戸前寿司との歴史的関係」を見出だす
寿司(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

ダウンロード
2015年10月25日 課題 「鹿」
「神鹿」 日本的信仰との関係
奈良 鹿 事情 春日大社周辺 
平城京遷都に至る皇統・豪族
鹿(庭)(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.0 MB
ダウンロード
2015年12月20日 課題 「申」
民間信仰の代表、観音・不動・地蔵と比較した
庚申信仰の特性
猿・申(発表本文)庚申信仰.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB

ダウンロード
2015年7月5日 課題 「為」
神道 儒教と仏教 何を考え「為す」こととしたか?
釈迦、孔子、聖徳太子の原点思考「三教三聖義疏」
ゐ 為(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB
ダウンロード
2015年8月23日 課題 「虎」
「鳴虎」日本虎図への影響 「龍虎」の 仏教的解釈
本法寺の日蓮宗・報恩寺の浄土宗 戦国から江戸へ
虎(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.5 MB

ダウンロード
2015年2月8日 課題 「羊」
文字「羊」や派生文字・意味、そして動物「羊」。 
日本文化との関わりを辿った。
羊(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB
ダウンロード
2015年5月17日 課題 「絵」
聖徳太子の天寿国繍帳など絵の原点、国宝「繡仏」三点から、日本の文化信仰を論証する。
ゑ 絵(発表本文).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.8 MB

ダウンロード
2014年11月9日 課題 「社」
我が国の神信仰、地域生活の中心となった「社」
由来体系、建築に表現される習合性、発展した芸能総覧
社 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB
ダウンロード
2014年7月27日 課題 「布」
縄文時代 の「編む」と、弥生時代 の「織る」
布の製法 から、出雲 と 神武 の 関係を解明する
布 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.8 MB
ダウンロード
2014年12月23日 課題 「結」
生命・神々誕生の「産霊」(むすび)、それを語源に「結ぶ」
「むすぶ」から日本文化思想を検証する
結・産霊 発表本文DX判.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.0 MB
ダウンロード
2014年9月14日 課題 「空」
「空」の思想について、元来の内容と、中国への変遷、日本的仏教解釈への影響を辿る。
空 発表本文 DX版.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB

ダウンロード
2014年3月2日 課題 「節」
「節供」行事の成立過程 と 日本文化の源流 原理について
節 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 909.0 KB
ダウンロード
2014年6月8日 課題 「毛」
歴史とともに変化する「毛」の意義を辿った
毛 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.2 MB

ダウンロード
2013年11月10日 課題 「粉」
日本文化の起源、紙と大和絵には「粉」が重要な役割を果たしたか?紙の起源・絵画技法、中国や西欧との比較文化から検証
粉 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 946.6 KB
ダウンロード
2014年 1月12日 課題 「野」
「野」とは、京都の歴史で、どの様な価値観であったか?その場所はどの様な時に選択されたか?
「野」 と、日本史、京都の歴史 との 関係 を探る。
野 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB

ダウンロード
2013年7月28日 課題 「氷」
山背に向かう、賀茂氏・秦氏の山岳資源開発の足取りを辿りました。
氷 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB
ダウンロード
2013年9月22日 課題 「長」
「長」は、日本の歴史流転と大きく関わる。神仏の系譜と山背での習合にも言及しました。
長 発表本文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB

ダウンロード
デジタルパブリッシュサンプル   4月21日 テーマ「池」
「 青文字 」「 google 」クリックでネットリンク
「歴史ぺージ」でこの時代の年表へ
年表内の項目もネットリンク 
同時代の人々、社寺創建が理解
「⇦」で元のページに戻ります。
池 発表本文 二版.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.2 MB
ダウンロード
6月9日 テーマ「水菓子」
今、京都ブランド、名産となっている果実種の歴史を辿り、古来日本人からの生活・文化との関わりを検証。
水菓子 発表案.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.0 MB

ダウンロード
京都や源平の「辻」、「辻」としての京都・日本に言及
辻A3タテ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.2 MB
ダウンロード
デジタルパブリッシュサンプル
各ページ中のアンダーライン文字や赤ラインボックスのクリックで、ネットや関連ページにジャンプします。
「春」歴史PDF付き.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.2 MB

ダウンロード
月輪寺 寺宝と被害.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB
ダウンロード
芒星(鞍馬寺六芒星・京都寺社星).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 709.6 KB
ダウンロード
間(京都歴史の間・人間交流継承).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 488.6 KB


お世話になっております、語源・地名研究の権威 「吉田金彦先生」関連のページです。

パスワード保護しております。

また、英語版「日本文化論」 “   The Japan Code  も こちらに掲載しております。

「問合せ」にてご連絡お待ちしております。

 

 "The Japan Code":  English version of "Japanese Culture"  I have posted on here.    I'm looking forward to hearing from you by the " Contact us".

 

【英語版 主たる上呈先】 

 上田正昭、村井康彦、ジュディス・クランシー、キーンドナルド 以上 諸先生 

 その他 京都在住大学学長  国際日本文化研究センター  宮司・住職

 外資系ホテル 著名チーフコンシェルジュ  通訳案内士 京都認定ガイド者 方々  

 

==========================================================================================================

==========================================================================================================

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大徳寺 御前 漆芸修復師 清川廣樹先生 工房 兼 漆芸舎『平安堂』 様に 本論英訳 記念寄贈 (閲覧公開)

フェイスブック ショップ https://www.facebook.com/kyoto.heiando/?ref=page_internal  

                                   清川氏     https://www.facebook.com/profile.php?id=100008354342188

You can read " The Japan Code"  likely  at  " Heiando" in  kyoto.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

漆芸舎 様   最新情報

 

東京 日本橋三越 から 招聘され、関東進出

2017年3月 ~ 2020年  春 秋 など

期間限定 で 開催決定 

 

金継ぎ作品を  展示、販売

お客様所蔵の古茶碗や骨董など、修復持ち込みの受付もされます

http://cp.miguide.jp/onlymi/nihombashi/02/01.html

ダウンロード
当方制作協力 金継ぎ文化 プレゼンシート.................( 日英対応 )
東京プレゼンA3[1401]最新シートのみ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB

 シリーズ  日本 の こころ

ダウンロード
< 漆芸修復 金継ぎ の 世界 >
金継ぎ文化 モノへのこころ (抜粋).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.5 MB

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

            kyotodotcompro@outlook.jp     http://Cullborationkyoto.jimdo.com/    kintsugi01  

 

Wikipedia「京都」 "KYOTO"  と相互リンクスタート!   ウィキペディア「京都」ページの[外部リンク]欄

項目名称  京都 『 日本文化構造学のすゝめ 』 by 歴史文化信仰研究会 KYOTO DOTCOMPRO

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD 

You can easily access from" Yahoo" or "Google".   YaHHO等から検索し、このHPにアクセスし易くなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上の掲載データは、サンプルです。(初期バージョン)ご活用に関心御持ちの団体、企業、個人の方

このホームページの「問い合わせ」からメール下さい。 歴史文化継承にプロジェクトしましょう