BUDDHISM & SHINTŌISM IN JAPAN
A-TO-Z PHOTO DICTIONARY OF 
JAPANESE RELIGIOUS SCULPTURE & ART


Please click on the logo, "website"  will be displayed


 ----------------------------------------------------------------------------------

 

                           「上田正昭と高麗美術館」開催のご案内

 

昨年3月13日に急逝されました高麗美術館第二代館長、上田正昭先生の提唱された、国を超えた民衆交流の実践と東アジアへの歴史視点は、高麗美術館の基本理念である『民際』へと受け継がれています。
1969年「日本のなかの朝鮮文化」創刊当時より、上田正昭先生が高麗美術館創設者の鄭詔文や作家・金達寿、司馬遼太郎とともに日本各地へ残した足跡はゆうに三十を超えます。こうした日本各地にある渡来人の痕跡を発掘する作業は、古代朝鮮半島と日本の交わりを地方の視点から見直すという歴史の新たな視座を開きました。
今回、上田正昭先生所蔵の『広開土王碑拓本』を展示し、雨森芳洲をはじめとした朝鮮通信使資料を公開することで上田史学の幅広い視野を紹介いたします。 
●開催期間/2017年4月3日(月)~7月17日(月・祝)
●開館時間/午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
●休館日/水曜日(ただし5月3日は開館)※2017年4月より定休日が変更になります
●入館料/一般500円 大高生400円 中学生以下は無料  ※20人以上の団体と65歳以上の方は2割引 ※障害者手帳をお持ちのご本人と付添いの方1名様無料


総合案内はこちら

「名品ギャラリー」は「京へのいざない」を クリック



 ----------------------------------------------------------------------------------

First introduced little by little from "Kanou-Faction".

Azuchi-Momoyama Period through the Warring States era, this faction is aided by Ashikaga family and Oda Nobunaga, Toyotomi Hideyoshi, and Tokugawa family, such as "the strongest family history artist."
Ink Painting from the keynote, to delicate, Vivid,  boldly artist while we inherit the skill, we have changed is the picture with the general atmosphere of the times. May also lead to the modern interior and garden work "Heart of Japan".
The culmination of national treasures and important cultural properties, including beginning, and  will publish a special links.

まずは狩野派から少しずつ紹介します。

戦乱の世、安土桃山時代 足利家や織田信長、豊臣秀吉、徳川家などから庇護、重用された「 絵師の最強家系、軍団 」です。

水墨基調から彩麗・微細・剛旦と、絵師たちが技を継承しつつ、時代の気風とともに絵も変化しているのです。現代インテリア・作庭にも通じる「日本の心」です。 国宝・重要文化財含め初集大成とし、特別にリンク公開させていただいております。

ページ下部の YouTube推奨音楽 をBGMにご鑑賞ください

 


日本の伝統的な技法・様式に従って描かれた毛筆画。岩絵の具、胡粉などを用い、絹・和紙に描く。日本の絵画史は6世紀頃から始まり、当初は中国の仏画や水墨画など唐画に倣っていたものの、次第に大和絵として独自の様式を確立。様々な流派が誕生し、独自の水墨表現、豪奢な金箔・金泥の使用、陰影の無い平面的表現、奇抜的な構図、明確な輪郭線、簡素な図案化など表現手法も多様化。特に江戸時代に生まれた浮世絵や琳派などの作品はジャポニズムとして19世紀欧州を席巻し、印象派など同時代の画家たちに多大な影響を与えた。代表画家:雪舟、長谷川等伯、狩野探幽、葛飾北斎、尾形光琳、俵屋宗達、黒田清輝、岸田劉生等

参考HP

salvastyle.com


ダウンロード
本法寺様 寺宝展覧会 【盛況終了】
2014年 3月14日~4月15日
関連展示 「茶道資料館」「妙蓮寺」主に長谷川等伯などの絵画作品
本法寺春季特別寺宝展(添付用).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 630.3 KB
ダウンロード
先行入手  パンフレット
南山城十一面観音巡礼(京国博).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.2 MB

泉屋博古館

「仏の美術」展は開催終了 

今後の展覧会は画像クリック!
 「仏の美術」展示内容

仏像発祥の地、ガンダーラのエキゾチックな石彫や金色に輝く中国・朝鮮の金銅仏、森厳の中にも自然のぬくもりを遺す日本の木彫仏など、各地域の変化に富んだ仏の姿を多角的に紹介。特に日本の木彫仏では京都の寺社に伝わった平安から鎌倉時代の像を特別展示。

 

(開催終了)定期公開有り
(開催終了)定期公開有り
京都国立博物館(予告)
京都国立博物館(予告)


 


 京都国立博物館で、狩野派など の展覧会を2013年開催。 詳細は、ゴロをクリック。

(開催終了、狩野山楽・山雪の多様な画風を満喫)


奈良から江戸時代までの変遷が楽しい、仏教変化との関係にも注目、6月16日までに必見。(開催終了)
奈良から江戸時代までの変遷が楽しい、仏教変化との関係にも注目、6月16日までに必見。(開催終了)